NEW WORKS / 中国電力三隅発電所 「ふれあいホール」VI計画

 

「ふれあいホール」のVI計画の基は山陰地方の神事、神楽から引用しています。独特な雰囲気の世界観をデザインから感じて貰えると嬉しいです。
シンボルマークは三隅のMです。インテリアの木のルーバーとの親和性や、「ふれあい」という言葉からハートの形も想起出来る様に設計しています。
タイポグラフィも組み木のイメージで、優しさや柔らかさをイメージしています。

 

クライアント:中国電力
ディレクション:Sony PCL 五十嵐 宗
プロデュース:中国四国博報堂
プロデュース:博報堂プロダクツ
映像コンテンツ:HOEDOWN
施工:イトーキマーケットスペース
スペース、インテリアデザイン:SAKUMAESHIMA
写真:加藤純平
デザイン : AFFORDANCE inc.